粘着フィルム 特    徴 適 用
Cryofilm type 1 ・最初に開発された凍結切片支持用粘着フィルムでー35℃程度まで使用できます。 凍結切片作製用
Cryofilm type 2C(10)

 ・ CryofilmType 1の後継粘着フィルムとして開発された凍結切片支持用の粘着フィルムです。

 ・ Cryofilmは、-37℃程度まで使用でき、Cryofilmに貼り付いた状態で切片を染色できます。

 ・ アルコール処理はできますが、キシレン等による処理、40℃以上での処理には不適です。
凍結切片作製用
Cryofilm type 2C(9) Cryofilm Type 2C(10)の後継粘着フィルムとして開発され、耐有機溶媒と耐熱性が改善され、
   キシレンやアセトン処理ができる。
免疫染色の賦活処理は125℃まで行うことができます。
凍結切片作製用
Transfer film ・ 粘着フィルム上の切片をスライドグラスに転写する場合に使用します。 凍結切片作製用
LMD film ・ LMDによる遺伝子解析用試料採取凍結切片作製に使用します。 凍結切片作製用
Paraffin transfer film (fine) ・ パラフィン切片作製に利用
・切片支持用粘着フィルムの除去に要する時間が12時間程必要である。
パラフィン切片用
Paraffin transfer film (rapid) ・ パラフィン切片作製に利用 
・切片支持用粘着フィルムの除去に要する時間が5分程度である。
パラフィン切片用
SECTION-LAB Co. Ltd.
薄切中の切片の損壊を回避するために開発された切片支持用の粘着フィルムで、凍結切片用は-37℃まで使用できます。 切片は、粘着フィルムに貼り付いた状態で染色され、最終的に粘着フィルムとスライドグラスの間に専用封入剤で永久標本として封入されます。
切片支持用粘着フィルム
改訂:平成23年10月 21日