包 埋 剤 特       徴
SCEM SCEMは、従来の凍結包埋剤よりも硬く、骨組織等の固い試料を薄切するための凍結包埋剤として使用されます。
・ 包埋剤は、-15〜-30℃で 硬さが最適になるように調整されています。
・ 従来の凍結包埋剤に比べカーリングが少なく、軟組織試料の凍結切片作製にも適しています。
・ 凍結包埋試料は、超低温庫(-80℃以下)で長期保存できます。
SCEM-L1 SCEM−L1は、低温薄切用の凍結包埋剤で、低温度での薄切が適した脂肪組織、眼球、脳等から凍結切片を作製するために特別に開発された低温切薄切用凍結包埋剤として使用されます。

・ 包埋剤の硬さは、-28〜-40℃で使用できるように調整されています。

凍結包埋は、-75〜-135℃の温度で行ってください。

・ 凍結薄切は、試料ホルダー温度を-28℃〜-37℃(低いほど良い)、クリオスタット温度を-25〜-35℃に調節して実施してください。

SECTION-LAB Co. Ltd.
SCEM(凍結包埋剤)、川本法用に開発された凍結包埋材です。SCEMSuper Cryoembedding Medium)は、切片支持用粘着フィルム(Cryofilm)が薄切面に強く粘着するように調整され、しかも薄切中の切片の縮み少なく、従来の凍結包埋剤よりも形の保たれた凍結切片を容易に作製できます。
凍結包埋剤
改訂:平成23年 10月21日